FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大野城土塁めぐり 

『ミニ万里の長城』を巡る絶好のハイキングコース  福岡県立四王寺県民の森は、総面積342.2ヘクタールあり、その大部分は、特別史跡大野城跡(日本最古の朝鮮式山城)となっています。山の尾根部分には、全長8キロにも及ぶ土塁や百間石垣をはじめとする大小の石垣が形成されています。さながらミニ万里の長城の様相を示しており、土塁の周辺には全33カ所の石仏や、倉庫跡等の数多くの史跡が点在しています。土塁線からの眺望は絶景で、博多湾方面から水城の大堤、太宰府天満宮、九州国立博物館を見下ろし、遠くは蛇行する筑後川やその先の有明海とそれぞれの場所によってその景観が楽しめます。歴史探訪を楽しみながら約3時間で一周できる絶好のハイキングコースとして人気を集めています。 (福岡県立四王寺県民の森センター資料)


11月4日(日) 最高の秋晴れの中四王寺山の「大野城土塁めぐり」に出かけました。


皆さんに呼びかけましたが、季節は秋たけなわ!! 色々イベントと重なったり直前になりからだの調子を崩したりと結局6人の参加になりましたが、とってもいいトレッキングとなりました。


10時30分 大宰府駅集合 車で「焼き米が原」まで移動。  案内図を片手に11時出発。遠見所⇒持国天跡⇒悠久の森を抜け⇒ここで進路を間違えて約30分程のロスタイム⇒鮎返りの滝にて待ちに待った昼食。昼食後牟田さんによるハーモニカのコンサートがあり色んなリクエストに答えていただいて一時間ほど楽しいときを過ごしました。⇒百間石垣⇒野外音楽堂⇒毘沙門天⇒ この辺が一番きついところでしたが、山道に入っても演奏は続き音色にあわせて足取りも軽く??(重たい人もいましたが・・・)⇒大城山(410m)山頂ではフーッと息を整えていました。⇒広目天礎石群⇒増長天跡⇒17時到着  途中の石仏に頭を下げたり点在する石垣に古の大野城主の守りに思いをはせながらの散策。本当にスポーツの秋にふさわしいいい一日を過ごすことができました。


今回この計画のブログのアップに失敗しましたがまた計画したいと思います。ご参加をお待ちしています

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wjssf.blog50.fc2.com/tb.php/27-33c4ed5c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。